谷川岳のふもと水上温泉・民宿みちのくトップページへ

季節限定の滝


 晩秋から春にかけての時期に、
車で水上町から沼田市方向へ県道を行く機会があったら、
高日向(たかひなた)バス停付近で左側を注意深く見てください。

 高日向バス停は、水上町と月夜野町の町境にあるパチンコ屋さんから、
 水上側へ数百メートルのところにあります。
 利根川対岸の山の斜面に、滝が見つけられると思います。
 
ここの滝は寺間沢という川が利根川に合流する部分にあり、
滝の上は、関越道水上インター付近になります。
 この滝、落差、水量ともそれなりにあるのに、 市販の道路地図はもとより、
国土地理院発行の地図にも載っていません。
 しかも、春になるとこの滝は姿を消してしまいます。
 姿を消すといっても、滝がなくなるはずはなく、 夏でも水は流れています。

 

 
桜が散り、新緑の季節になると、周囲の木々に葉によって
滝の姿が隠されてしまうのです。
 したがって、この滝は冬の前後、約半年間の季節限定の滝なのです。
 この滝は日によって水量が大きく変わります。
 春の雪解けの時期と雨が重なると、いつも以上に存在感をだしてきます。

この滝を目の前で見たいと思っても、
残念ながらこの滝まで行くための道はありません。
 滝に行くためには、利根川を歩いて渡るか、
滝上から山の斜面を下るしかありません。

その意味でも、幻の滝と言えるでしょう。


ここ↓をクリックすると

地図が表示されます
中央が「寺間沢の滝」です