谷川岳のふもと水上温泉・民宿みちのくトップページへ

仏岩(ほとけいわ)

 水上町から新治村猿ヶ京へ抜ける道は、
古くから「仏岩越え」と呼ばれていました。

 現在の道は数年前に改良され、2車線の道路になり、
   
 峠部分は「仏岩トンネル」が貫いています。
  水上側から猿ヶ京側にトンネルを抜けたところの左側に、
  「仏岩ポケットパーク」と名づけられた駐車場があります。
   
  ここに小さな「東屋(あずまや)」があり
 ここから山のほうを見ると、山の上に大きな岩が見えます。
 これが「仏岩」です。
 姿が「法衣(ほうえ)をまとった修行僧に
 似ていることから、名づけられたそうです
 昔の「仏岩越え」の道は、この「仏岩」の近くを通っていたようです。

 

 
 トンネルの水上側にも「仏岩ポケットパーク」がありますが、
こちらからは「仏岩」は見ることができません。
水上側の「仏岩ポケットパーク」から仏岩まで登る道があります。
 片道30〜40分で行けますが、足場が悪く、
かなり急な登りの険しい道です。
 現在のトンネルのありがたさが感じられることでしょう。

  この道を使うと、「みちのく」から、あの苗場スキー場まで、
1時間ほどで行くことができます。

 冬は圧雪路となりますので、雪道の運転に自信のあるかたは、
スキーの遠征にチャレンジしてみてはいかかでしょうか。


ここ↓をクリックすると

地図が表示されます
中央が「仏岩」です