谷川岳のふもと水上温泉・民宿みちのくトップページへ

スノーシュー(裏見の滝)

 スノーシューって聞いたことありますか?
 簡単に言うと、現代版「かんじき」。
 最近、雑誌や新聞などでも取り上げられるようになり、
注目を浴びてきています。

 形はこんな感じ。
 歩く時に踵(かかと)があがるようにできているので、
 雪の上でも違和感なく歩く事ができます。
 材質もプラスチックやアルミフレームなので軽量。
 これを使えば、冬は深い雪のために、近づけなかったところに、
 比較的簡単に行くことができます。
でも、スノーシュー未体験の人には、
やってみたいけど、どうしたらいいのかわからない、なんて方も多いと思います。
 水上では、そのような人も気軽に参加でき、専門のガイドが案内をしてくれる
スノーシューツアーを行っているショップが数軒あります。
 そこで、裏見の滝を見に行くツアーに体験参加してみました。
裏見の滝への道路は、冬は通行止めなので、歩くか、
スノーモービルでしか行くことができません。
 厳冬期の裏見の滝は凍結すると聞いているので、とても楽しみ。
   
 出発は、宝台樹スキー場。
 今日は天気も良く、絶好のスノーシュー日和。
 まず、リフト1回券を買って、
第9クワッドリフト乗り場まで歩いて移動。
 まだスノーシューは、履きません。
 スノーシューを抱えて乗り込んだリフトを降り立つと、
 そこはスキー場の最上部。
 大パノラマが広がっていました。
   
  さあ、ここからスノーシューの出番です。
 ガイドさんから、スノーシューの歩き方、コースの説明などを受け

 

 
 いざ、出発です。
 歩き始めて間もなく、武尊(ほたか)山が見えてきました。

 

 
 ここから裏見の滝までは、ほとんど下りばかりとのこと。
 夏であればとても歩けないような藪も、
冬は雪に覆われ、難なく歩いて行けてしまうのも、
スノーシューのいいところ。
 障害物の少ない斜面では、お尻で滑り降りる。

 

 
 何人か滑ると、斜面が滑り台のようになってきて、
後の人ほどスピードが出るようになってきました。
 女性もお尻で滑る。そしてお約束の「キャー!」
 でも顔は笑っていて、楽しそう。

 

 
 中には足が雪に埋まり、身動きできなくなってしまう人も。
 でも顔は笑っていて、それなりに楽しそう。
 人の背の高さほどの段差が。
 回り道しようか、どうしようか?

 

 
 飛び降りちゃいました。
 下も柔らかい雪なので、大丈夫です。
 木々の間を抜けると、平らな広いところに出てきました。
 裏見の滝駐車場でした。

 

 
 あと少しです。
 見えてきました「裏見の滝」。
 とりあえずはみんなで記念撮影。

 

 
 そして、滝を眺めながら、しばし呆然。
 滝は全面凍結はしていなかったものの、青く筒状に凍った氷の中を、
 水が流れ落ちていき、とても珍しく、きれいでした。

 

 
 そして、ここでお昼ご飯。
 ガイドさんが担いできた食材と大きな鍋で、うどんを作ります。
 ちょっとしたハプニングがあり、
 味付けが予定と多少違うものになってしまいましたが、
 これはこれでおいしかったです。

 

 
 帰りは、来た道を戻るのではなく、
宝台樹キャンプ場(冬季休業中)を経由し、
人家のあるところまで、下って行きます。
 途中、スノーボールや

 

 
 カモシカの足跡などを見ながら、
最後は、お尻すべりでゴール。

  今回体験したコースは、最初にリフトで登り、
あとはほとんど下りだったので、体力に自身のない方でも、
参加しやすいと思います。

 スノーシューは初体験でしたが、天気にも恵まれ、
思っていた以上に楽しかったです。

スノーシューツアーを開催しているショップ、団体を、
「アウトドア・スノーシュー」のページに掲載しています。
みなさんも是非一度いかがでしょう?